※来院前にお電話ください(0761-20-2288)

ICL(Implantable Contact Lens:眼内コンタクトレンズ)とは、眼球内の水晶体と虹彩の間にレンズを移植して近視や乱視を矯正する方法です。

強度近視や角膜が薄いため、レーシックやPRKの手術が受けられなかった方にも手術をすることができます。将来、近視が進行してきて合わなくなってもレンズを交換することができます。レーシックに比べ光学的に優れており、より良い視機能が期待できます。
一方でデメリットもあります。レンズの価格が高価であり、オーダーメイドなので納入までに時間がかかる場合があることや、まれに白内障を誘発する可能性があります(これはhole ICLの登場により、極めてまれになりました)。

当院では、スター・ジャパン社製のICL(眼内コンタクトレンズ)を採用しており、このレンズは厚生労働省の承認を受けております。
2021年1月、院長はICL(眼内コンタクトレンズ)のインストラクターに認定されました。
ICLインストラクター

詳細はこちら https://jp.discovericl.com/
ICL研究会 当該会員  https://icl-japan.net/

日本眼科学会のガイドラインに基づき、手術適応を慎重に判断します。
適応、非適応に関してお気軽にご相談・ご質問ください。丁寧に分かりやすくお答えいたします。

ICLの手術に適した人の目安

  • 年齢が21歳から45歳ぐらいまで
  • 近視度が-3.0以上(-15.0以上は慎重適応です。実際のレンズ作成範囲は-3.0Dから-18.0Dまで)
  • 術前の乱視度数が4.0D以下であること
  • 前房の深さが2.8mm以上であること
  • 角膜内膜細胞密度 年齢26から25歳 2800個/mm²、36歳から40歳 2200個/mm²

ICLの手術に適していない人

  • 目の病気がある方(白内障、緑内障、ぶどう膜炎)
  • 散瞳して瞳孔径が8ミリ以下の方
  • 円錐角膜の方
  • 妊娠、授乳中の方

ICL手術を受けて頂けるかどうかを適応検査で調べ、手術についてのカウンセリングをいたします。ICLの適応を調べる検査は以下のように多いですが、慎重に適応を決めるためです。検査へご協力をお願いいたします。

  1. 眼疾患既往
  2. 自覚的および自覚的屈折検査
  3. 裸眼および矯正視力検査
  4. 調節麻痺下(サイプレジン使用による)の自覚的および他覚的屈折検査
  5. 眼圧測定
  6. 角膜曲率半径、角膜形状解析
  7. 角膜圧、前房深度測定
  8. White to White 測定(角膜水平部)
  9. CASIA(前眼部断層撮影装置)によるICLサイズ決定に必要な眼のサイズの計測
  10. 暗所時での瞳孔径、散瞳時瞳孔径
  11. 細隙灯顕微鏡検査(前眼部、水晶体)
  12. 眼底検査

コンタクトレンズの休止指示について
コンタクトレンズ装用により角膜形状に微妙な変化が生じて、屈折や乱視が変化しています。そのまま度数決定するように検査を行うと、患者様にあった矯正を行えません。このため、検査の前にあらかじめコンタクトレンズの装用を休止していただき、角膜を元に戻してから検査を行います。
休止期間はコンタクトレンズのタイプにより異なります。また、これまでのコンタクトレンズの装用期間により、休止いただく期間が変わる場合があります。

受診初日

・ICLの適応があるか判定し、手術について説明をします。
※散瞳検査:目薬で5から6時間見えずらくなります。この間、車やバイクの運転は控えてください。

・適応があると判断され、手術希望の方には後日、2回術前検査があります。
・ICLはレンズを発注してから納期に2週間から2か月かかるため、手術申し込み時点で手術日を決めることはできません。余裕をもった日程でおおよその日程を決めます。

術前検査1

・検査前に、コンタクトレンズを使用されている方は、ソフトの場合2週間以上、ハードの場合3週間以上装用を中止していただく必要があります。
・検査時、サイプレジンという目薬で調節を麻痺させます。この目薬の影響で24時間ほど調節がしにくくなります。これにより正確なICLの度数決定ができるようになります。
・その他、必要な検査が多くありますので時間がかかります。
※検査前に過度の近業作業、睡眠不足は避けてください。

術前検査2

・術前検査1の結果を精査し、問題なければ点眼による散瞳や調節麻痺の検査は原則しません。術前検査1の検査結果の再確認を行います。検査結果に基づきICLを発注します。
・ICLの納期が分かりましたらご連絡いたします。手術日を決定いたします。
※検査前に過度の近業作業、睡眠不足は避けてください。

手術当日

  • 手術当日はコンタクトレンズを使用しないでください。
  • 術前2時間前より散瞳薬の点眼を行います。術前30分より眼圧下降のための点滴を行います。
  • 手術時間は片眼30分程度です。両眼同日に行います。
  • 術後1から2時間、安静にしていただき、眼圧、前眼部の検査をしたのち帰宅していただきます。

瞳孔を拡大させ、点眼麻酔をして、角膜の縁を約3ミリ切開します。

 

 

 

切開した部分からレンズを目の中に入れます。

 

 

 

レンズを虹彩と水晶体の間に固定します。

 

 

 

瞳孔を縮瞳させ手術は終了です。

院内でしばらくお休みいただいたあと、目の状態を検査し問題なければお帰り頂けます。術後は医師の指示に従って点眼薬・内服薬をご使用ください。

 

手術後の検査は、術後翌日、1週間、2週間、1か月、2か月、3か月、6か月、1年です。その後1年ごとの検査となります。
手術費用には術前検査料、レンズ代金、術後6か月までの定期検査料、手術に必要なお薬代が含まれます。

※以下全て税込みです

適応検査費用 8,800円
料金 ICL乱視なし 両眼550,000円(レンズ代352,000円)
片眼275,000円(レンズ代176,000円)
ICL乱視あり 両眼594,000円(レンズ代396,000円)
片眼297,000円(レンズ代198,000円)

・自費診療のため保険適用外となります。
追加施術 【レンズ入替え】
6か月以内: 片眼11,000円

※手術費用には、術前検査料・レンズ代金・手術料・術後6か月までの定期検査料、手術に必要なお薬代が含まれます。
※術前検査2の終了後、レンズを発注いたします。レンズ代金はこの時点でお支払いいただきます。レンズは受注生産なので、レンズ発注後に患者様のご都合で手術をキャンセルされた場合には、返金いたしかねます。ご了承ください。
※手術当日の来院時に手術日費用の残金をお支払いいただきます。
※極端な度数ずれでレンズ入替えが必要な場合、術後6か月までは片眼1万円で施術を行います。

手術は痛いですか?

目薬タイプの点眼麻酔をしますので痛みはほとんどありません。

どんなメリットがありますか?

<紫外線をカット!>
眼内コンタクトレンズ治療に使用するレンズは、加齢や白内障の原因といわれている有害な紫外線をカットします。

デメリットはありますか?

手術直後より視力改善は体感できますが、同時に全体的に、かすみ・ぼやけ・まぶしさが気になることがあります。1週間ぐらいまでの間に安定してくる方がほとんどです。

厚生労働省の承認を受けたレンズですか?

スター・ジャパンのICLは厚生労働省の承認を受けたレンズです。

医療保険は適用されますか?

いいえ。自由診療のため全額自費です。生命保険に関しては、契約している保険会社へご相談ください。なお、ICLは医療費控除の対象となります。詳しくはスター・ジャパンのホームページをご参照ください。
スター・ジャパン ICL治療の医療費控除